++Disc++

last modified Nov 28 2010

20GUILDERS-S.T. (GYUUNE CASSETTE/95-48/JPN/CD)

1.片翼の影 [Suzuki]
2.ストロベリーキッス [Tabata]
3.エマヌエルは別 [Tabata]
4.打ちひしがれた肩越しに突き抜ける光 [Suzuki]
5.デア・パピ [Hirai/Tabata]
6.震える声沈む部屋 [Suzuki]
7.風が [Suzuki]

8.母の日のアダム [Tabata]

CD-2100円

数 量

Personnel:

20 GUILDERS
タバタミツル:Electric Guitars,Vocal,Synthesizers,Aerophonics
スズキジュンゾ:Electric Guitars,Vocal,Acoustic Guitars,Hydrophonics

TOMO:Hurdy Gurdy (track 6)
西岡由美子:Chorus (track 2.6)
須原敬三:Bass (track 1,2,3,7)
山崎巌:Drums (track 1.2.3.5.7) Rhythm Box (track 4) Tambourine (track 2)

Recording & Mix by 山崎巌 at 向日葵工房, 川崎 Nov.2009 - Mar.2010
Mastering by Katsunori Owa at Studio You
Artwork by 鳶かおり
Photographs by 坂田律子, 河端一 (Inner)

Release Date:NOVEMBER 25 2010

--

Notes:
20 Guilders is psychedelic duet by Tabata Mitsuru (ZENI GAVA/AMT&TCI etc) and Suzuki Junzo.
thier 1st Full-length Studio Recording Album is Out on Nov 25 2010. Guest Joined By Tomo (Tetragrammaton/Pouring High Water), Nishioka Yumiko (Americo), Suhara Keizo (Uzumibi ex.rashinban), Yamazaki Iwao (ex.Overhang party, Ghost etc).
8 tracks included. 8P Booklet with OBI.
--

ZENI GEVA,、Acid Mothers Templeのタバタミツルと、ソロ活動 及び、みみのことで知られるスズキジュンゾによって、2007年に 結成。同年に1st CDR「20 GUILDERS」、2009年に2nd CDR 「Patricia」をセルフ・リリース。都内のみならず、 2度の関西ツアーなど活発にライブ活動を展開。また、ベルギーのSlow Tapesよりカセット「Wrong Songs For Patricia」をリリース、2010年3月にはLowman RecordsよりリリースされたコンピレーションCD「四次元ツイス ト Vol.3」に3曲を提供。2010年11月、GYUUNE CASSETTEより満を持して、1st アルバムをリリース。
REVIEW:
これが「うた」ぜよ!!
(円盤)
--

迷宮的サイケデリック!
(Modern Music)
--

タバタミツル(アシッドマザーテンプル/ZENI-GEVA)とスズキジュンゾ(みみのこと・ソロ)という、サイケデリックを極めた2人によるアシッドフォークデュオの1stアルバム!深く、強く優しい2つの声と、ポップな楽曲が素晴らしい!!
(BRIDGE Inc)
--

Brand new Japanese underground acid rock duo featuring Tabata Mitsuru of Zeni Geva/Acid Mothers et al and Suzuki Junzo of Miminokoto. The group playing soaring west coast-influenced guitar psych, crossing hallucinatory melodies with peaking/crushing guitar solos ala a Japanese take on Crazy Horse with floating candyfloss vocals and some inspired songwriting. The focus is more on the moodier garage sound of the post PSF underground, with aspects of the more dilated downer Shizuka ballads or the more concise Miminokoto bombs. There's a depth of longing and a grasp of classic psych songcraft - a delicacy of spirit - that hasn't really been present so much in any of the players other projects making this a disc you'll wanna go back to again and again. A fantastic addition to the Japanese underground shelf.
(Volcanic Tongue)
---

ゼニゲバやグリーンフレイムスなどでのバンドをはじめとして多彩かつ精力的な活動を展開するタバタミツルが、スズキジュンゾ(みみのこと他)と07年に結成した20ギルダーズのファーストCD『20 GUILDERS』(ギューンカセット CD95-48)が出た。共にエレキ弾き語り、シンセサイザーと、アコースティック・ギターも使い、時にゲストがベースやドラムを演奏。ポップな歌心が溢れ出る切ない”エレクトリック・アシッド・フォーク”全開で、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドや、バーズ、二ール・ヤングの細胞を日本語で培養したかのようだ。クレジットの言葉に習えば”空気栽培”で甘酸っぱいタバタと、”水耕栽培”で男臭いスズキとの”契り”である。澄み切った音色で豪胆に綴るギター・ソロも心に深々と染み入り、サイケデリックな音質も最高だ。言葉の選び方もユニークな歌詞が読みやすく、二人のキャラが伝わってくる8ページのブックレット付の、約45分8曲入り。グレイト!
(ミュージックマガジン行川和彦のインディ盤紹介 2011年1月号)
--

タバタミツル氏(アシッド・マザーズ・テンプル、ゼニ・ゲバ)、スズキジュンゾ氏(みみのこと、ソロ)による日本語フォーキー・サイケデリック・ロック・バンド「20ギルダーズ」による待望1stアルバム!儚くもストレンジな歌詞に「ど」フリーキーなバンド音&揺らぎ/歪み「メランコリック」度満点!!なデュオ音が恐ろしい中毒性を持つ高純度アシッド日本語フリーキー・ロック傑作!!
(TIME BOMB)
--

  これは 田畑満 とスズキジュンゾによる20ギルダーズによる正式なファースト・アルバムだ。そのアートワークが60年代の、ローリング・ストーンズやスモール・フェイセイズで有名なUKのレーベル〈デッカ〉のパロディになっていて、CDの盤面にもモノラルが一般的だったあの時代の「STEREOPHONIC SOUND」という表記がデザインされている。実際アルバムの音はザ・バーズ(というか、ストーン・ローゼズといったほうが若い人には通じるか......)を思わせる"片翼の影"や"エマニュエルは別"、西岡由美子(Americo)のコーラスをフィーチャーした、60年代のローリング・ストーンズを彷彿させる"ストロベリー・キッス"など......キャッチーな曲が並んでいる。ふたりのギタリストは打ちひしがれながらおかしみのある言葉で60年代後半のサウンドを21世紀の日本の風景に落とし込むが、それはこのアルバムの前菜である。
  メインディッシュは、それぞれが演奏するギターが黄昏時の雲のように柔らかく重なる"デアー・パピ"、あるいは息を呑むほど美しいアコースティック・ギターの掛け合いによる"震える声、沈む部屋"あたりだろう。これらは......喩えるなら、大衆居酒屋をコーヒーショップに変換するかのような、素晴らしい陶酔を運んでくれる。とくに"震える声、沈む部屋"は最高のアシッド・フォークで、この曲が収録されているだけでもアルバムには価値があると言えるだろう。そして真のクライマックスは"風が"という曲だ。ラッパーが描写する都市生活者の孤独な叙情を彼らはサイケデリック・ロックによって表現していると思われるこの曲は、本物のボヘミアンとして生きる彼らのコズミック・ブルースのようだ。エモーションを全開にしたギターが、街を吹き抜ける風のように舞っている。最後の"母の日のアダム"はアルバムの締めくくり相応しい、チルアウトなフィーリングのフォーク・ソングである。ちなみにCDのインナーには居酒屋でポーズを取るメンバーの写真があるが、これは......間違ってもパブ・ロックの類ではない!
(野田努 from ele-king)
--
YOUTUBE:
---
Images:

at KD Japon L-R Suzuki Junzo, Higashi Hiroshi(AMT), Tabata Mitsuru

--
About Release:

■11/02 (tue)
[20 GUILDERS / 1st Album "20 GUILDERS" release TOUR in NAGOYA]
20GUILDERS feat. Higashi Hiroshi (Acid Mothers Temple)
@ KD Japon TSURUMAI, NAGOYA (052-251-0324)
w/ Murakami Gonzo, Gofish, FREEDOM
open 18:30 / start 19:00 // adv. 2000 yen / door 2400 yen + 1drink
--
■11/03 (wed)
[20 GUILDERS / 1st Album "20 GUILDERS" release TOUR in HIKONE]
@ Cafe MOKU, HIKONE (0749-22-0839)
w/ Muraoka Yuka (from Okayama) and more・・・
open 18:00 / start 19:00 // adv. 2000 yen / door 2500 yen + 1drink
--
■11/04 (thu)
[20 GUILDERS / 1st Album "20 GUILDERS" release TOUR in KYOTO]
@ Yaso, KYOTO (075-211-0901)
w/ Simone no Hoshi, VAMPIRE!, Shitappa Oyabun
open 18:30 / start 19:00 // 1500 yen + 1drink
--
■11/05 (fri)
[20 GUILDERS / 1st Album "20 GUILDERS" release TOUR in OSAKA]
20 GUILDERS (Band Set / Bass : Suhara Keizo, drums : Aiga)
@ Musicajaponica UMEDA, OSAKA (06-6363-0848)
w/ Sonickettle, SPA SPA SPADELIC (NANI、KA4U (MIDI_sai), Ito (neco nemuru))
open 19:00 / start 19:30 // adv. 2000 yen / door 2500 yen
--
■11/06 (sat)
[20 GUILDERS / 1st Album "20 GUILDERS" release TOUR in KOBE]
@ Helluva Lounge KOBE, HYOGO (078-331-7732) w/ response man, tress pass, Takeyari Syunta
open 18:30 / start 19:00 // adv. 1500 yen / door 1800 yen
--
■11/07 (sun)
【TIGHT ROPE!!】
@ CHAOTIC NOISE, KOCHI (088-823-8190)
w/ THE RED PONY, Tabineko, Takeyari Syunta
open 18:30 / start 19:00 // adv. 1500 yen / door 2000 yen
--
■11/14 (sun)
[20 GUILDERS / 1st Album "20 GUILDERS" release TOUR FINAL in TOKYO]
20 GUILDERS (Band Set / Bass : Suhara Keizo, drums : Yamazaki Iwao)
@ PENGUIN HOUSE KOENJI, TOKYO (03-3330-6294)
w/ The Bite, Uzumibi Duo set (Mishio Mai + Suhara Keizo), Americo
open 18:30 / start 19:00 // adv. 2000 yen / door 2400 yen + 1Drink


Flyer:

Back To SUZUKIJUNZO.ORG

Last Updated Nov 28 2010
Since 20080503 ©suzuki junzo 2008 all rights reserved