++Profile++

-TAKEYARI SYUNTA
Vocal/Guitar
shunta.takeyari@gmail.com

https://takeyarishunta.tumblr.com

● Discog ●

The Wandering Theater
Bird Bottle Records/CD/JPN/201

......

Place Doesn't Exist
(plunk's plan/CD/PPCD006
/2012)

......


2nd
(self/CDR/2010)


・・・・・・


1st
(self/CDR/2009)

・・・・・・・

sanmasimesaba

Live
(self/CDR/2010)

・・・・・・


2nd
(self/CDR/2008)

・・・・・・


1st
(self/CDR/2007)


PROFILE-
武鑓 隼太(タケヤリシュンタ) 。

  神戸在住
  2005年に「さんましめさば」を結成
  2008年より並行してソロでの活動を開始
  関西を中心に活動中

さんましめさばのギタリスト、関西フォークシーンではすでに定評のあるギターのテクニックに加え、若いながらもその深みのある声の若き吟遊詩人。神戸のヘラヴァラウンジを根城に精力的な活動を続ける。

これまで2枚の自主制作音源を発表。
今回、スズキジュンゾ氏主宰のレーベルplunk's plunより、
初のフルアルバムを発表する。
唄とギターによる多重録音無しの10曲入りフルアルバムを、
2012年6月、スズキジュンゾ氏立会のもと、
山崎巌氏の録音により川崎市“Atelier Himawari”にて作成。
その後、東京、名古屋を経て岡山に拠点を移し、精力的な国内ツアーを展開、2016年2月には自身のBird Bottle Recordsより待望のさんましめさば10年の歴史を祝した初のスタジオアルバム「あこがれの風来劇場」をリリースした。
また、コラボレーションにも積極的で、LSD Marchへの参加や、Acid Mothers Temple総帥河端一、みみのこと/Mainlinerの志村浩二、スズキジュンゾ、そして、札幌にて、スズキ、高橋幾郎をしたがえた’武鑓隼汰trio'にてもライブを行った。
また、2016年には17箇所に及ぶ日本国内ツアー、自身初となる4箇所6公演におよぶイギリスツアーを敢行。その定評のあるギター/ボーカルを響かせている。

--
TAKEYARI SHUNTA

Takeyari Shunta is an acoustic guitarist/vocalist based in Japan.
He started his career as a guitarist of female vocal acid folk unit“Sanmasimesaba” from 2005.

he also active as Solo and released 1st solo album in 2011 from Suzuki Junzo's label “plunk's plan recording”.
has deep relationship and collaborated with artists such as Kawabata Makoto(Acid Mothers Temple), Shimura Koji(Mainliner/Miminokoto), Suzuki Junzo and Ikuro Takahashi(Kousokuya, Chi To Shizuku, ex Fushitsusha...), and LSD March. etc.
and from this spring, he started to play as Takeyari Shunta Trio with Suzuki Junzo (el-G), Ikuro takahashi (drums). and he have toured all over japan (17 city 17 gigs) and UK (4 city 6 gigs).

https://takeyarishunta.tumblr.com

SOUNDCLOUD
https://soundcloud.com/takeyari_shunta


さんましめさば/SANMASIMESABA
Web
http://sanmasimesaba.com/
GIG Info
http://sanmasimesaba.com/live/
bandcamp
https://sanmasimesaba.bandcamp.com/album/the-wandering-theater



--

Live Footages of Takeyari Shunta's First UK Tour on September 2016

-REVIEW
現在、神戸にて断続的に活動中、未だ全国的には無名なれ ども、かのBritish Psych Folkの奇跡、Stone Angel、カナダの隠された至宝、Moonstone などを彷彿させ、じわりとコアなファンをひきつけている 、ゑでぃまあこんに端を発する関西サイケデリックフォー ク界の新星「さんましめさば」の若きリーダー/ ギタリスト、タケヤリシュンタのソロアルバムが、静かな反 響を呼び続けるQUATTRO潮田雄一のソロ作品に続き 、スズキジュンゾプロデュースにより、スズキ主宰のpl unk's planより登場。バートヤンシュ、ニックジョーンズを 髣髴させるブリティッシュフォーク/ トラッドに深く根ざした卓越したフィンガーピッキングに、 味わい深い「琥珀」のように浮かびにじむ声に昔の伝奇小 説のような詩篇を乗せて震え滲んでいく10曲36分。空 族の山崎巌主宰の向日葵工房にての初のスタジオ録音がプ レスCDにて登場!本人によるドローイングを冠した4P 見開き紙ジャケット仕様。Bert Jansch - It don't bother me, 、Nic Jones 1st、Bridget St John - Ask Me No Questionなどにぴんと来る方には是非!
-スズキジュンゾ、1st Album 「空白の場所」発売に寄せて。
--

神戸で話題を呼ぶアコースティック男女デュオ、さんましめさばのギタリスト、タケヤリのソロ。さんま〜では演奏に徹してますが、こちらは彼の弾き語り。英米のトラッド・フォークをベースにアシッド・フォークにそっと足を踏み込んだような静けさが美しい作品。
-円盤 (1stCDRのレビュー)
--

さんましめさばのギタリストによる弾き語り作品。ダビング一切なし、ギターと歌ひとつで紡がれた、白昼夢のような日本語トラッド/アシッドフォーク。一音一音がものすごく深い。
-Sunrain Records Twitterより。

--

-IMAGES:

--
-Discography

:::SOLO:::
Place Dosen't Exist (plunk's plan/CD/JPN/2012) >>>DETAIL


--
2nd (shoom records/CDR/JPN/2009) >>>DETAIL

--
1st (shoom records/CDR/JPN/2009)>>>DETAIL

--


:::さんましめさば/SANMASIMESABA:::
The Wandering Theater (Bird Bottle Records/CD/JPN/2016)>>>DETAIL



live (shoom records/CDR/JPN/2010) >>>DETAIL

--
2nd (shoom records/CDR/JPN/2008) >>>
DETAIL

--
1st (shoom records/CDR/JPN/2007) >>>DETAIL

--
SOUNDCLOUD/BANDCAMP:

--
--
YOUTUBE:
Takeyari Shunta Live at Musica Japonica, Osaka, 2012/08/13

--

LINK:
Sanmasimesaba http://sanmasimesaba.com/
plunk's plan recordings http://plunksplanrecordings.info
http://plunksplanrecordings.bandcamp.com/

Helluva Lounge http://helluva.jp/lounge/
Hythm Record (各音源販売、レビュー転載) http://www.hythm-record.com/

--


Back To SUZUKIJUNZO.ORG
Last Modified Aug 22 2010
Since 20080503 ©suzuki junzo 2008 all rights reserved